太陽光発電の再生可能エネルギー買取法案と企業の売電

2011年の8月、菅前総理が退陣の3条件の1つとしていた 「再生可能エネルギー買取法案が、参議院本会議で全会一致でようやく可決・成立しました。

買取金額は今後決まっていくことになりますが、法案の成立によって、今後一定の期間、企業や家庭の太陽光発電で発電した電気の全量が買い取られる(ただ し一般家庭で出力10kW未満の場合はこれまでどおり余剰分のみの買い取り)ことになり、新たな導入を後押しすることでしょう。

特に産業用の分野で、飛躍的に導入が進むと考えられます。
そもそも太陽光発電の電力全量買い取りは、2011年の3月11日、東日本大震災が発生した日の午前に、閣議決定していました(原発事故が起こる前で、主な目的一酸化炭素の削減)。

その後、震災からの復興や原発事故の対応で法案の実現化は遅れに遅れ、ようやっと成立したという経緯があります。
この間、企業が太陽光発電で発電した電力は1kWhあたり14円で余剰分のみを買い取っていましたが、これを全量にしようという経済産業省などの 意向があったため、企業に出ていた導入補助金がなくなっていたのです。ところが政権がごたごたしたことで、ブランクができてしまっていました。

全量買い取りがようやく法案化されたことで、今後は発電して売ったぶんだけ、すべてを収益にすることができます。
企業にとっては発電した電気を自社で使って電気代を節約するよりも、割高の料金で買い取ってもらったほうが得であることは言うまでもありません。

海外製の太陽電池の長所と短所

シャープ、三菱電機、三洋電機、京セラ、といった国内メーカーは、太陽光パネル以外にも多様な事業を展開しており、保証期間中に会社がなくなるということは、可能性がゼロではないにせよ、まず起こり得ないと考えておいてよいと思います。
また国内メーカーの太陽電池のほとんどが十数年経っても十分に発電できています。問題があったケースもありますが、各メーカーともに旧年保証できちんと対応しています。その点では安心材料が多いと言ってよいでしょう

では、海外製の太陽電池メーカーを検討する場合はどうでしょうか。
例えば、中国のサンテックという企業の太陽電池が日本にも導入され始めています。生産量は世界のトップになっていますが新興企業でもあり判断の難しい面もあります。耳に入ってくる情報を総合すると性能的には日本製とそれほど変わらないようです。パネルの単価は国内メーカーのものよりやや安いのですが、設置工事費などを含めてトータルで見ると総額では大きな差は生じていません。
同様に、東芝が販売する米国のサンパワー社、ドイツのQセルズというメーカーの太陽電池を使用。最近では台湾や韓国の企業が作る太陽電池も国内に入ってきています。

いずれの場合も、太陽電池は安くても、工事費を含めると日本製の太陽電池を導入する場合とさほど差がなくなり、私の知る限りでは、性能やトータル費用において国内メーカー品とさほどの大きな差はありません。
また、これらの海外メーカーも旧年、加年といった長期間の補償を玉っています。
ただし、太陽光発電は高額な投資のうえ、長期に渡って使い続けるものですから、導入する際は長い目で見て慎重に検討することが必要です。
そのほか、太陽光発電の長所と短所はよく理解しましょう。あとで後悔することになります。

そこを考慮すると、海外のメーカーには若干不安な部分もあります。何らかの原因で発電量が落ち、メーカー負担での交換が必要となった時に、そのメーカーがあるかどうかの保証ができないという点です。
特に新興国の太陽電池メーカーの中には専業の会社もあります。国の方針で企業への補助や助成制度が変わるなど、何かがあれば他に収入の道のない専業企業は一気に経営がぐらつく可能性も出てきます。すでに、太陽電池メーカーでは淘汰が始まっています。

循環器系疾患と歯周病

最近の研究調査によって、歯周病の関連細菌が歯ぐきの中の血管を通って心臓に達し、そこで細菌感染して起こる細菌性心内膜炎や、さらに心臓の血管が変性して起こる虚血性心疾患や高血圧などの重篤な循環器系疾患を引き起こす可能性があると報告されています。

また、細菌性心内膜炎の原因の1位、2位が歯周病の関連細菌であるともいわれています。私たちの調査でも、高血圧をともなった歯周病の患者さんでは、高血圧をともなわない歯周病の患者さんに比べて、治療を行っても歯周病が治りにくいことがわかりました。

また、高血圧の患者さんでは、高血圧の治療薬の一つであるカルシウム桔抗薬という薬によって、歯ぐきがふくれ上がる(歯肉増殖)という副作用が起こることがあります。ふくれ上がった歯ぐきのすき間には細菌がたまりやすく、決して歯ぐきによいことなどありまですから、体の病気を治すことで、歯周病も吹き飛ばす。歯周病専用の歯磨き粉で歯みがきをすることで、体の大きな病気を防ぐ。

そして、楽しく快適な生活が送れるようにしたいものです。

太陽光発電のメリットは補助金

現在、エネルギー関連では、各種の補助金がありますが、その前に太陽光発電にかかわる買取価格についてふれておきましょう。電力の買取制度については、2003年4月より、電力会社による新エネルギー利用促進のための特別措置法であるRPS制度が実施されました。しかし、制度の不備などの理由により、2006年3月に終了。その後、2009年11月より「余剰電力買取制度」が施行され、買取価が1kWhあたり48円に設定されました。

ここでは、エネルギーを創り出す施策を創エネ、エネルギーの消費を抑える施策を省エネと呼びます。現在、創エネである太陽光発電システムの補助金としては、期間限定とはいうものの、国からKW当り7万円の補助金がでます。また、地域によって異なりますが、都道府県および市町村などの地方自治体から補助金がでる場合もありますので、工事店を通じて確認することが賢明です。

省エネ関連では、太陽光発電システムを取り付けさらに気密性を高めたエコ住宅、およびエコ家電製品に対して「エコポイント」の制度があり、さらに、税制面では住宅ローン控除などがあります。エコポイントや減税に関しては、工事業者などで確認しましょう。「創エネ」は最初に補助金、「省エネ」は後で補助金、と覚えるといいでしょう。ご存じのとおり、消費税は買った時点で、発生することになります。

*各補助金については、太陽光発電 メリット デメリットJ-PECを見てください。制度の見直しなどにより、補助金額や実施時期が変更される場合があります。
*補助制度については、民間からの補助金やメーカーからの特典もあるので、導入の際は、信頼のおける工事店にお問い合わせください。
*この他、消費税(財務省)も念頭にいれておきましょう。

太陽光発電のデメリットと補償

太陽光発電を取り入れることで、毎月購入する電気が減り電気代が節約できます。
また売電による収入も累積されていきます。長く使えば使うほど経済メリットが増えていくことが太陽光発電の魅力ですが、そのためには10年前後の期間で初期投資費用の償却を終えた後も、発電能力が大きく落ちないことが前提になります。

こうした長い目で見たプランが立てられるよう、現在国内の主要な太陽電池メーカーは、システム全体の10年補償(ソーラーフロンティアはモジュールのみの出力保 証加年)を実施しています。

具体的には、設置後の旧年の間に、発電能力が公称出力の20%を下回った場合、メーカーの責任でモジュールとその他の機器の不具合を無償で修理・交換してくれるというものです。また、落雷や台風といった自然災害による破損、火災による破損(火災保険で支払われなかった残額)も補償の対象に含めているメーカーがほとんど です。 「別%を下回った場合」というのはJIS企画に準拠したルールですが、昔はともか くとして 太陽電池の性能や耐久性が向上している現在では、10年間の使用で20%を 割る例はまずありません。

また発電能力は自然条件に左右されるため、維持しているか、下回っているかを厳密に調べることは実際には難しいのですが、国内メーカーは、何らかの原因で明らかに出力が落ちている場合、基本的に無料の交換に応じてきています。こうしたことから、国内メーカーの太陽電池に関しては故障や性能の劣化をさほど心配する必要はないと言えます。

ちなみに、太陽電池が長寿命なのにはわけがあります。それはパワコンなどの関連機器とは違って、稼動を必要とする部分がまったくないからです。太陽電池は、発電した電気を電極を通して送るだけです。劣化のケースでは電極の線が膨張などで断線する場合に限られており、全体的には長寿命なのです。

太陽光発電メリット・デメリットというサイトの紹介

安心・安全が求められている私たちの住環境は、低炭素化社会に向けた省エネ、エコの推進に則した「オール電化住宅」と「太陽光発電」の導入、推進こそ時代のニーズにふさわしいものと考えられます。

私がいつも見ている太陽光発電メリット・デメリット2014というサイトではその二つの大きなテーマを、安全性、快適性、経済性、利便性、耐久性などの視野から検討してあるもので、これから住宅の新築またはリフォームに取り組むユーザー、コンサルタント、設計者など多くの分野の方にみてもらいたいサイトです。

住宅の省エネ性、耐震性、高度情報化、建設資材・工法のプレファブ化など多くの課題があります。
太陽光発電メリット・デメリットというサイトでは、理解しやすいように図表を多用し、やさしく表現して専門用語は解説してあります

住宅に関する関係法規、規格ならびに融資、保険制度などの改正、各種機器の製品の開発、機器のモデルチェンジは頻繁に行われています。
そのフォローは欠かせないと考えていますが、このサイトをみている人にもおかれても、メディアを通じ最新情報を把握されることをおすすめします。
なお、関係ありませんが、当サイトでは次のように用語を統一しています。
オール電化住宅恥全電化住宅とも言われる住宅で、ガス、その他の熱源を使用しない住宅です。
ガス併用住宅叩調理、風呂などの熱源に電気以外のガス、その他の熱源を使用する住宅です。
給湯器函給湯機という表示などもあります。経済産業省の表現に合わせ器と統一しました。