太陽光発電のデメリットと補償

太陽光発電を取り入れることで、毎月購入する電気が減り電気代が節約できます。
また売電による収入も累積されていきます。長く使えば使うほど経済メリットが増えていくことが太陽光発電の魅力ですが、そのためには10年前後の期間で初期投資費用の償却を終えた後も、発電能力が大きく落ちないことが前提になります。

こうした長い目で見たプランが立てられるよう、現在国内の主要な太陽電池メーカーは、システム全体の10年補償(ソーラーフロンティアはモジュールのみの出力保 証加年)を実施しています。

具体的には、設置後の旧年の間に、発電能力が公称出力の20%を下回った場合、メーカーの責任でモジュールとその他の機器の不具合を無償で修理・交換してくれるというものです。また、落雷や台風といった自然災害による破損、火災による破損(火災保険で支払われなかった残額)も補償の対象に含めているメーカーがほとんど です。 「別%を下回った場合」というのはJIS企画に準拠したルールですが、昔はともか くとして 太陽電池の性能や耐久性が向上している現在では、10年間の使用で20%を 割る例はまずありません。

また発電能力は自然条件に左右されるため、維持しているか、下回っているかを厳密に調べることは実際には難しいのですが、国内メーカーは、何らかの原因で明らかに出力が落ちている場合、基本的に無料の交換に応じてきています。こうしたことから、国内メーカーの太陽電池に関しては故障や性能の劣化をさほど心配する必要はないと言えます。

ちなみに、太陽電池が長寿命なのにはわけがあります。それはパワコンなどの関連機器とは違って、稼動を必要とする部分がまったくないからです。太陽電池は、発電した電気を電極を通して送るだけです。劣化のケースでは電極の線が膨張などで断線する場合に限られており、全体的には長寿命なのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*